海の幸を食す!あなたは寿司派?丼派?

回転寿司店で北海道の良さを知る

かつてのお寿司店といえば庶民はなかなか行きづらかったようです。しかし今は回転寿司店があります。一皿100円等で手軽に食べられます。安いので、ネタや職人の技術などは二の次でもいいと思うでしょう。北海道旅行に行くときには地元の新鮮な魚介類がたべられます。行っておきたいのがお寿司店ですが、意外にも回転寿司店に行くのがいいといわれています。東京などの回転寿司店とは違ったお寿司が食べられます。まずネタは地元の新鮮な魚介類を使っています。さらにはネタが非常に大きいです。シャリはそれほど大きくないのに、ネタがシャリを覆うように載せられています。それなのに値段は非常に安いです。高級店に行かなくても、地元の食材を堪能できます。

たくさんのネタか特定のネタに絞るか

日本の主食はご飯なので、ご飯系の料理がいろいろあります。その中でも丼はご飯の上におかずが載せられているので食べやすいです。一般的な丼はカツやてんぷら、玉子とじなど加熱した食材が中心になりますが、魚介類を使った海鮮丼も人気です。東京などでは少し高めですが、北海道に行くと地元の魚介類を載せた海鮮丼を堪能できます。海鮮丼といえば、やはりいろいろなネタが載せられているタイプがいいかもしれません。いくら、うに、甘えび、そしてサーモンやマグロなどです。色々な味が楽しめます。一方、特定のネタに絞った海鮮丼も食べられます。うにが丼いっぱいに盛られていたり、いくらがご飯が見えないぐらいに敷き詰められていたりとかなり豪華なタイプがあります。

ニセコツアーはスキーやスノーボードで有名ですが、夏もトレッキングやカヌー、ラフティング等が楽しめます。ニセコならではの大自然を堪能することができます。また、周辺にある豊富な温泉も楽しめます。