自然を満喫!北海道の見どころ紹介!!

2度目の北海道旅行なら道東方面がおススメ!

旅行先として人気の高い北海道ですが、手付かずの自然が残る雄大な景色を満喫するなら、道東方面を訪れてみてはいかがでしょうか。多くの旅行客が最初に訪れるのは大都市の札幌市を中心とする道東エリア、あるいは道南の函館エリア、そして旭山動物園のある旭川市やドラマ「北の国から」で脚光を浴びた富良野市を含む道北エリアとなっています。しかし近年は知床や釧路湿原、阿寒国立公園などの道東エリアが国内はもとより海外の観光客に注目を集めています。広大な北海道の中でも道東は人口密度が低く、その分、太古から続く壮大な自然が色濃く残されています。アクセスの面では道央などに比べてやや不便なところもありますが、それも旅の醍醐味のひとつ。道東ならではのアクティビティも多く、きっとすばらしい発見があることでしょう。

道東の中でも穴場はオホーツク

九州の2倍以上という広大な北海道ですから、道東エリアといっても一般の県以上のひろさがあります。道東を大きく分けると釧路エリア、帯広エリア、オホーツクエリアがあり、中でも穴場は最も人口の少ないオホーツクエリアです。主要な観光スポットは、世界自然遺産に登録された知床をはじめ神秘的なサファイアブルーの湖面が魅力の摩周湖やその伏流水が湧き出る神の子池、雄大な釧路湿原など枚挙に暇がありません。硫黄山から湧き出る温泉が流れるカムイワッカ湯の滝をはじめとする秘湯も多く、冬はオホーツク海に押し寄せる流氷観光も楽しめます。もちろん海の幸、山の幸も豊富で、北海道の味覚が満喫できるエリアです。道東を個人旅行で楽しむ場合はレンタカーを利用し、予想以上に広いエリアで時間ロスのないようにプランを組むことが大切です。

函館旅行とは函館市を観光することです。ロープウェイでのぼる山から見る夜景は美しく、城郭や石畳など大変観光名所の多い場所です。